~ゴミに悩まされる野生動物たち~ 「海ゴミ GO ME !」展

いま私たちにできること

人の手から放れたゴミが自然環境や野生動物を傷つけています。
ゴミは人間にとってもやっかいなものですが、海で暮らす野生動物たちにも大きな影響を与えています。ふるさとの海の健康を取り戻すには、どうしたらよいのでしょうか?そのために私たちは何ができるのか考えましょう。



食べ物をさがすハシブトガラス
私たちができることの1つ、海岸清掃中 食べ物をさがすハシボソガラス



観光地のゴミ箱 動物が引き出した跡がある 軽いゴミは風が運んでゆく

地元の海岸清掃に参加しよう!

自分でゴミを拾うと、散らばったゴミを集めるたいへんさを改めて

実感することでしょう。ゴミが逃げ出す前になんとかしなくちゃ、

を体感したら、今度はあなたが情報発信する番です。

海岸が近くにない人は、川の清掃にもチャレンジを。


野生動物に食べ物を与えないで!

人の出す生ゴミは動物にとって“ごちそう”です。食べ物を残さな

い工夫はもとより、動物たちの手が届かないようにしましょう。

私たちに餌付けする意図がなくても“ごちそう”は動物の行動を

変化させ、別のやっかいな問題を招きます。


● 私たちの出したゴミのゆくえは?

おにぎりの包み、アメの紙、お菓子の小袋は持ち帰って始末を。

タバコのフィルターはたいへん分解しにくい素材です。吸い終わっ

たら必ず携帯灰皿の中へ。


● 環境負荷の少ない製品作り

会社経営している人は、作っている製品や提供するサービスを

少しずつ変え、環境への負荷が少ないものにしていきましょう。

商品を買う人は、値段だけでなく、こうした努力がなされている

ものを選ぶこともお忘れなく。


ゴミは人間の責任、少しずつ世界を変えよう!

どうしたらゴミを生み出さずにすむか、みんなで世の中の仕組み>

を変えていくことも必要です。

環境問題や自然保護活動を行っているNGOに寄付をする、環境

に配慮した政策を打ち出す政治家を選ぶ、便利な生活を見直して

みる、自分ができることを考え実践する、自然を大切にする仲間を

増やす、小さなことを積みあげていくことが何よりも強い力となる

はずです。