~ゴミに悩まされる野生動物たち~ 「海ゴミ GO ME !」展

11/18 相模川釣り針釣り糸調査(解禁後)

秋晴れの高田橋


ゴミ袋を持って調査中


水辺にある釣り糸。こんなのを探して拾います。


今回の釣り糸バスターズ。ラビちゃんはお尻むき^^;



11月18日、相模川調査をおこないました。


前日はかなりの雨が降り実行が心配されましたが、天気予報どおり晴天!

暖かいくらいの一日でした。

今回も、私たちの普段の行いに助けられました(笑)


川の水量は少々大目でしたが、川面も静か、水も綺麗に澄んでいました。


高田橋周辺は、夏に比べると人出は少ないですが、それでも沢山の人が遊びに来ています。

今はアユの禁漁期間ですが、釣り人もけっこういました。

鯉を釣っているそうです。 お孫さんを連れて親子3代で来ていらっしゃる方もいました。


落ちている釣り針釣り糸類はそれほど多くありません。 下流では、川の水量が多くて水際を探しにくかったこともあり、ゼロポイントも。


それでも釣り人がいる周辺では、岸辺や水中で切れた糸や針を見つけました。


今後、今年の3回の調査での拾得物の仕分け作業をします。

釣り針と釣り糸を切り分け、種類ごとに分けて質量を計測します。


そしてそのデータを視覚化して野鳥の釣り糸被害を減らすためにイベントなどで展示していきます。





収穫物。全体的に少なめ。

コメントをどうぞ